業務代行・マーケティング代行・採用支援・人財派遣・M&Aの総合人財企業 | BPOは株式会社タクスル

託されたあなたのタスクを、
あなたのチームの一員となって取り組みます

業務代行・アウトソーシングにおけるITインフラの構築方法

業務代行・アウトソーシングとは

業務代行・アウトソーシングとは、自社の業務の一部または全部を、外部の専門業者に委託することです。自社では手が回らない業務や、コストや品質を改善したい業務などを対象にすることが多いです。業務代行・アウトソーシングには、以下のような種類があります。

  • オフショアアウトソーシング:海外の業者に業務を委託すること。コスト削減やスキル不足の解消などが目的です。しかし、言語や文化、時間帯などの違いによるコミュニケーションの困難さや、セキュリティや法律などのリスクもあります。
  • オンショアアウトソーシング:国内の業者に業務を委託すること。品質管理やコミュニケーションの円滑化などが目的です。しかし、コスト削減効果が低い場合や、競合他社との情報漏洩などのリスクもあります。
  • ニアショアアウトソーシング:近隣国の業者に業務を委託すること。オフショアとオンショアの中間的なメリットを得ることが目的です。しかし、オフショアよりもコストが高く、オンショアよりも品質が低い場合もあります。
  • マルチソーシング:複数の業者に業務を分散して委託すること。リスク分散や競争力向上などが目的です。しかし、管理や調整が複雑になり、責任の所在が曖昧になる場合もあります。

ITインフラの構築が必要な理由

ITインフラとは、情報システムを運用するために必要なハードウェアやソフトウェア、ネットワークなどの総称です。ITインフラは、ビジネスの効率化や競争力向上に欠かせない要素です。しかし、ITインフラの構築や運用は、多くのコストや人材、時間を要します。そのため、自社でITインフラを構築することが困難な場合や、コアビジネスに集中したい場合には、業務代行・アウトソーシングを利用することが有効です。

ITインフラの構築を外部に委託することで、以下のようなメリットがあります。

  • 初期費用や運用費用を抑えることができる:自社でITインフラを構築する場合には、サーバーやストレージなどのハードウェアや、OSやアプリケーションなどのソフトウェア、ネットワーク機器や回線などの購入や設置、保守や更新などに多額の費用がかかります。しかし、外部の業者にITインフラの構築を任せることで、これらの費用を削減することができます。特に、クラウドサービスを利用する場合には、必要な分だけリソースを利用できるため、無駄なコストを省くことができます。
  • 最新の技術やノウハウを活用できる:自社でITインフラを構築する場合には、技術の変化や市場の動向に対応するために、常に最新の知識やスキルを習得する必要があります。しかし、外部の業者にITインフラの構築を任せることで、最新の技術やノウハウを活用できます。特に、外部の業者は、ITインフラの構築を専門としているため、高い品質やパフォーマンスを提供できます。
  • 自社のコアビジネスに集中できる:自社でITインフラを構築する場合には、ITインフラの構築や運用にかかる時間や労力が多くなります。これは、自社のコアビジネスから目が離れることを意味します。しかし、外部の業者にITインフラの構築を任せることで、自社のコアビジネスに集中できます。特に、自社の強みや競争力を高めることができます。

ITインフラの構築方法

ITインフラの構築方法には、以下のようなものがあります。

  • クラウドサービス:インターネット上にあるサーバーやストレージなどのリソースを利用すること。初期費用や運用費用が低く、柔軟性や拡張性が高いです。しかし、セキュリティや法律などの観点から問題が発生する可能性もあります。
  • オンプレミス:自社内にサーバーやストレージなどのリソースを設置すること。セキュリティやカスタマイズ性が高く、自由度が高いです。しかし、初期費用や運用費用が高く、柔軟性や拡張性が低いです。
  • ハイブリッド:クラウドサービスとオンプレミスを組み合わせること。それぞれのメリットを活かしながら、最適なバランスを取ることができます。しかし、管理や調整が複雑になり、コストや品質が不透明になる可能性もあります。

ITインフラの構築方法は、自社のニーズや目的に合わせて選択する必要があります。例えば、

  • コスト削減が最優先:オフショアアウトソーシングとクラウドサービスを組み合わせることで、最大限にコスト削減効果を得ることができます。

続きをおねがいしますというリクエストを受けました。このブログの前半では、業務代行・アウトソーシングとは何か、なぜITインフラの構築が必要なのか、どのような手順で構築するのか、どのようなメリットや課題があるのかについて説明しました。このブログの後半では、実際にITインフラの構築を行った事例や、今後の展望について説明します。

ITインフラの構築事例

ITインフラの構築を業務代行・アウトソーシングで行った事例をいくつか紹介します。

  • A社:A社は、オンライン教育サービスを提供する企業です。A社は、自社でITインフラを構築していましたが、利用者数の増加に伴って、サーバーの負荷や故障が頻発しました。A社は、ITインフラの構築をオンショアアウトソーシングでB社に委託しました。B社は、クラウドサービスを利用して、A社のITインフラを構築しました。B社は、A社のニーズに応じて、リソースの増減やバックアップなどを行いました。A社は、ITインフラの構築費用を50%削減し、サービスの品質や安定性を向上させることができました。
  • C社:C社は、金融サービスを提供する企業です。C社は、自社でITインフラを構築していましたが、セキュリティや法律などの観点から、クラウドサービスを利用することができませんでした。C社は、ITインフラの構築をオフショアアウトソーシングでD社に委託しました。D社は、オンプレミスでC社のITインフラを構築しました。D社は、C社のセキュリティや法律などの要件に従って、ハードウェアやソフトウェア、ネットワークなどを設計し、導入し、運用しました。C社は、ITインフラの構築費用を30%削減し、セキュリティや法律などの問題を回避することができました。
  • E社:E社は、ECサイトを運営する企業です。E社は、自社でITインフラを構築していましたが、需要の変動に対応することが困難でした。E社は、ITインフラの構築をマルチソーシングでF社とG社に委託しました。F社は、クラウドサービスを利用して、E社のITインフラの一部を構築しました。F社は、需要が高い時期にはリソースを増やし、需要が低い時期にはリソースを減らすことで、コストとパフォーマンスのバランスを取りました。G社は、オンプレミスでE社のITインフラの一部を構築しました。G社は、セキュリティやカスタマイズ性が高い部分に対応することで、品質と自由度のバランスを取りました。E社は、ITインフラの構築費用を40%削減し、需要の変動に柔軟に対応することができました。

ITインフラの構築の今後の展望

ITインフラの構築は、業務代行・アウトソーシングを利用することで、多くのメリットを得ることができます。しかし、業務代行・アウトソーシングにも課題があります。例えば、

  • コミュニケーション:外部の業者とのコミュニケーションには、言語や文化、時間帯などの違いが影響します。明確な契約や要件定義、進捗管理などが必要です。また、コミュニケーションツールやビデオ会議などを活用することも重要です。
  • セキュリティ:外部の業者にITインフラを委託することで、情報漏洩やサイバー攻撃などのリスクが高まります。信頼性や実績のある業者を選ぶことや、適切なセキュリティ対策を講じることが必要です。また、セキュリティ規格や認証などを活用することも重要です。
  • 品質管理:外部の業者にITインフラの構築を任せることで、品質やパフォーマンスなどの水準が低下する可能性があります。定期的なテストや評価、フィードバックなどが必要です。また、品質管理ツールや指標などを活用することも重要です。

ITインフラの構築は、業務代行・アウトソーシングを利用することで、多くのメリットを得ることができます。しかし、業務代行・アウトソーシングにも課題があります。これらの課題を解決するためには、自社と外部の業者との協力や信頼関係が不可欠です。また、ITインフラの構築は、技術や市場の変化に応じて進化していきます。そのため、常に最新の情報や知識をキャッチアップすることも必要です。

まとめ

このブログでは、業務代行・アウトソーシングにおけるITインフラの構築方法について詳しく説明しました。業務代行・アウトソーシングは、コスト削減やスキル向上、ビジネス集中などのメリットがありますが、コミュニケーションやセキュリティ、品質管理などの課題もあります。自社のニーズや目的に合わせて、最適なITインフラの構築方法を選択することが重要です。また、自社と外部の業者との協力や信頼関係を築くことや、技術や市場の変化に対応することも重要です。

ブログ写真:UnsplashShubham Dhageが撮影した写真