Q8:業務代行・アウトソーシングによる品質向上の実例とは?

Q8:業務代行・アウトソーシングによる品質向上の実例とは?

アウトソーシングに関する2択の選択クイズです。

 

業務代行・アウトソーシングの実例として品質向上につながるのは以下のうちどれですか?

1.ソフトウェア開発の一部業務を外部の専門会社に委託する

2. 自社製品の品質管理を社内のチームに限定する

 

正解は 1の「ソフトウェア開発の一部業務を外部の専門会社に委託する」です。

 

 

解説:

1に関しては、ソフトウェア開発の一部業務を外部の専門会社に委託する 業務代行やアウトソーシングは、企業が特定の業務を外部の専門会社に委託することを指します。ソフトウェア開発においては、企業がプロジェクトの一部を外部の専門会社に委託することがあります。これにより、専門的な知識や経験を持つ外部のチームが参加し、品質向上に貢献することが期待されます。

2の 「自社製品の品質管理を社内のチームに限定する」においては、自社製品の品質管理を社内のチームに限定する自社製品の品質管理を社内のチームに限定する 自社製品の品質管理を社内のチームに限定する場合、外部の専門知識や経験を持つチームの参加が制限されます。これにより、自社の限られたリソースや専門知識に頼ることになり、品質向上には限界があるかもしれません。

したがって、正解は「a) ソフトウェア開発の一部業務を外部の専門会社に委託する」です。

業務代行やアウトソーシングは、外部の専門知識や経験を活用することで、品質向上に貢献することができます。

 

 

 

 

業務代行やアウトソーシングは、企業が特定の業務を外部の専門会社に委託することで、品質向上に効果をもたらす実例です。特に、ソフトウェア開発の一部業務を外部の専門会社に委託する場合は、専門的な知識や経験を持つチームが参加し、品質の向上に貢献します。外部の専門会社による参加によって、新たなアイデアや最新の技術が導入され、品質管理の観点からも高い水準が維持されることが期待されます。一方、自社内で品質管理を限定する場合は、限られたリソースや専門知識に頼ることになり、品質向上には限界が生じる可能性があります。したがって、業務代行やアウトソーシングを通じて外部の専門知識や経験を活用することは、品質向上のために有効な手段となります。

 

業務代行・アウトソーシングによる品質向上の実例については当社の下記のブログでも詳しく解説しています。

https://taksul.com/blog/topic13/

ぜひ、当社のブログをご覧いただき、アウトソーシングに関する知識を深めていただければ幸いです。