業務代行・マーケティング代行・採用支援・人財派遣・M&Aの総合人財企業 | BPOは株式会社タクスル

託されたあなたのタスクを、
あなたのチームの一員となって取り組みます

Q13:業務代行・アウトソーシングと業務効率化の関係は?

Q13:業務代行・アウトソーシングと業務効率化の関係があるものは?

1) リソースの最適活用と生産性向上

2) 専門業務の外部委託と内部リソースの集中化

 

正解は 1の「リソースの最適活用と生産性向上」です。

 

 

1: リソースの最適活用と生産性向上 業務代行・アウトソーシングは、企業が限られたリソースを最適に活用するための手段です。特定の業務を外部に委託することで、企業は自社のリソースをより戦略的な目的に集中することができます。これにより、人材や時間、財源などのリソースを効果的に配分し、生産性を向上させることが可能となります。

例えば、非核となる業務や繁忙期の一時的な業務などを外部に委託することで、内部のリソースを戦略的な業務に集中できます。また、特定の業務において外部の専門知識や経験を活用することで、品質や効率性の向上を図ることができます。これにより、業務の遂行速度や精度が向上し、生産性が向上します。

 

 

2の「内部リソースの集中化」という部分は、業務代行・アウトソーシングとは直接的な関係を持たない表現です。業務代行・アウトソーシングによって特定の業務を外部に委託することで、企業は内部のリソースをより戦略的に活用することができますが、それが必ずしもリソースの集中化に結びつくわけではありません。

業務代行・アウトソーシングは、むしろ内部のリソースの効果的な配分や最適化を可能にする手段です。特定の業務を外部に委託することで、企業は専門的な知識や経験を持つ外部の業者に業務を任せることができます。これにより、内部のリソースをコア業務に集中させることができるため、生産性や効率性が向上する可能性があります。

したがって、「内部リソースの集中化」という表現は、業務代行・アウトソーシングと業務効率化の関係を誤解を招くものとして捉えられます。選択肢1の「リソースの最適活用と生産性向上」が、業務代行・アウトソーシングによる効果的なリソース活用と生産性向上をより正確に表現しています

 

 

業務代行・アウトソーシングと業務効率化の関係については当社の下記ブログでも詳しく解説しています。

業務代行・アウトソーシングの今後の動向 – 業務代行・人財派遣・採用支援・M&Aの総合人財企業 | 株式会社タクスル (taksul.com)

ぜひ、当社のブログをご覧いただき、アウトソーシングに関する知識を深めていただければ幸いです。