業務代行・マーケティング代行・採用支援・人財派遣・M&Aの総合人財企業 | BPOは株式会社タクスル

託されたあなたのタスクを、
あなたのチームの一員となって取り組みます

Q17:業務代行・アウトソーシングにおける社員の心理的影響とは?

Q17:業務代行・アウトソーシングによる社員の心理的影響として、以下のうちどれが当てはまるでしょうか?

a) 心理的な負担の軽減

b) 過度のプレッシャー

 

 

答えは a)   「心理的な負担の軽減」です。

 

解説:

a) 心理的な負担の軽減: 業務代行・アウトソーシングにより、従業員は本来の業務に専念できるため、業務負荷が軽減されます。特に、非効率的な業務やルーチン的な作業を外部の専門家に委託することで、社内の従業員はより重要なタスクに集中できるため、ストレスが減少し、心理的な負担が軽減される可能性があります。

b) 過度のプレッシャー: この選択肢は誤りです。業務代行・アウトソーシングが適切に導入される場合、従業員に過度なプレッシャーや負担をかけることはありません。むしろ、業務代行・アウトソーシングによって、従業員は本来の業務に集中できるため、過度なプレッシャーを軽減する効果が期待されます。

 

よって正しい答えは「a) 心理的な負担の軽減」です。

業務代行・アウトソーシングは、社員の健康と働きやすさを向上させる可能性がある一方で、従業員の意識向上や適切なコミュニケーションが重要であり、負の影響を最小限に抑えるためには慎重な計画と運用が必要です。

業務代行・アウトソーシングによる社員の心理的影響については当社の下記のブログでも詳しく解説しています。

ぜひ、当社のブログをご覧いただき、業務代行・アウトソーシングによる社員の心理的影響について知識を深めていただければ幸いです。